マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】米貿易不均衡の是正は為替ではなく、ルール変更で?

2018年1月25日 6:36

 トランプ米大統領は23日、洗濯機と太陽光パネルに輸入関税をかける大統領令に署名しました。米通商法201条に基づく緊急輸入制限(セーフガード)がトランプ政権で初めて発動されたことになります。報道によると、米国政府のこの措置に対して中国、韓国、欧州などが厳しく批判しているようです。

 ただ、トランプ大統領は「これにより通商戦争が引き起こされるわけではない」、「雇用が回復し、われわれは自分たちの製品を自ら製造することになる。こうしたことは長らくなかった」と述べています。報道によると、米国のセーフガード措置発動について欧州委員会は、「世界貿易機関(WTO)規定に違反していないか深刻な疑念がある」と伝えており、この措置によってEU加盟国の輸出が影響を受けた場合は躊躇なく対応するとの見解を表明しています。

 貿易・通商問題はドル売り材料になりやすいことから、主要通貨に対するドル売りが急速に進んでいます。ムニューシン財務長官はドル安を容認しているとの見方が広がっていますが、市場関係者の間では「トランプ大統領は為替(ドル安)によって輸出を拡大しようとは考えていない」、「あくまでも制度変更による米国製品の輸出拡大や輸入減少を通じて貿易不均衡の是正を図ることを狙っている」との見方が多いです。

 トランプ大統領は日本円やユーロを意図的に安くするような政策には反対するものの
(この点については米財務長官も同じ考えであると思われます)、ドル安による輸出促進策は念頭にないはずです。この点は1980年半ば頃から1995年頃までの状況(ドル安による貿易不均衡の是正)と大きく異なっているのではないかと思われます。

<MK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。