マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】海外勢の利益確定の流れが強まるか【クロージング】

2018年1月25日 15:51

25日の日経平均は続落。271.29円安の23669.49円(出来高概算15億6000万株)で取引を終えた。24日の米国市場ではダウは反発し最高値を更新したが、ハイテク株が売られており、昨日の安川電<6506>、ファナック<6954>、ソニー<6758>の下げ同様、センチメントを悪化させた。また、為替市場では円相場が円高に振れて推移していることも手掛けづらくさせていた。

売り一巡後には日本電産<6594>がプラスに転じたほか、安川電<6506>も戻りは鈍いものの上昇しており、やや安心感にはつながる場面もみられた。しかし、日経平均は5日線に上値を抑えられる格好となる中、円相場が1ドル108円台に入ると、断続的なインデックス売りから下げ幅を拡大させている。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターでは空運、電気機器、銀行、機械、その他製品、輸送用機器が軟調。一方で石油石炭、鉱業、陸運が小じっかりだった。指数インパクトの大きいところではファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、京セラ<6971>、ダイキン<6367>、ファナック<6954>が重しに。

ドルベースの日経平均は高値を更新する中、海外勢の利益確定の流れが強まってきているようである。決算発表が本格化する中で積極的な売買が手控えられていることもあり、よりインデックスに絡んだ売買に振らされやすいだろう。また、米ハイテク株の下げが目立つ中、これまで相場のリード役だった半導体関連等への利益確定の流れが意識されやすく、結果、日経平均の調整につながる。

そのため、物色はテーマ性のある銘柄やインデックスに振らされにくい中小型株などに短期筋の値幅取り狙いの資金が集中しやすいとみられる。好決算企業の反応も見極めが必要なところである。ただし、利益確定の流れであって、嫌気売りといった局面にはなく、好業績銘柄については、押し目拾いのスタンスを取りたいところである。(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。