マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】レンジを切り上げ125万円前後での推移【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月25日 19:16

1月25日19時00分時点のビットコイン(BTC)は、1,250,000円を挟んでの推移となっている。午前中に5日移動平均線とボリンジャーバンド(日足)-1σの位置する水準(1,240,000円)を上抜ける場面がみられたが、一目均衡表における転換線の位置する1,300,000円処がいったん上値抵抗線として意識された。下値を切り上げたレンジ内での推移となるなかで、ドル建てのビットコインにおける日足チャート上でも10,000ドル前後を基準にダブルボトムに類似した形を形成しつつある。足元ではMACDとシグナルの乖離が縮小してきていることから、ナイトセッションでは陽転シグナル発生も意識されてくる可能性もある。なお、ここまでの高値は12:30に付けた1,280,000円、安値は2:00に付けた1,197,820円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、前日に発表されたワイスレーテイング(Weiss Rating)による仮想通貨格付け判断を経て、全般に買い戻しの動きがみられるなか、CardanoやStellarが10%超の上げとなった。なお、ビットコインにおける通貨別動向をみると、日本円(日本勢)のシェアが37%と米ドル(米国勢)と逆転してシェアを伸ばしてきている(CryptoCompare参照)。年末年始に大きく積みあがっていたBTC先物(米ドル建て)の出来高が、今週に入り減少傾向にある。これらを勘案すると、意識されていた大口投資家による売り仕掛け的な動きは概ね一巡したという見方もできる。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

<SK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。