マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】萩原電気 Research Memo(8):中期経営計画の目標は2020年3月期に売上高1,200億円、営業利益38億円

2018年1月26日 16:27

■中長期の成長戦略

萩原電気<7467>は中期経営計画として、2020年3月期に売上高1,200億円、営業利益38億円を掲げているが、この目標達成のために現在の環境を踏まえて、各事業ユニットにおいて以下のような取り組みを実行していく方針だ。

1. デバイスビジネスユニット事業の取り組み
基本方針:「電動化、ADAS/自動運転、コネクテッドカーをマイコン、SoC※で実現する」

※SoC:System on Chipの略。マイクロプロセッサーやメモリ、アナログ回路などを1個のLSIに搭載し、ワンチップで高い機能を有するもの。

技術商社の強みを生かし、顧客に最適なシステム提案と開発サポートを推進する。自動車に求められる様々な機能を多面的にサポートするため、要となる半導体・電子部品・センサー等のハードウェア、ソフトウェアを、仕入先との協力のもと、同社の技術力をベースに提案・提供することで顧客と社会に貢献する。

2. ソリューションビジネスユニット事業の取り組み
IT分野では、業種を問わず需要増が見込まれるソリューション領域に注力し、さらにセキュリティ(ネットワーク)、IoT(アプリケーション開発)、ハイパーコンバージドインフラ(仮想化)、Windows10へのPCリプレース等を拡販する。

組込分野では、好調に推移する工作機械・物流・半導体製造装置に注力し、さらにFAコントローラ、IT及びIoT機器(センサー、データ収集機器)の拡販を図る。

計測分野では、自動車業界(トヨタグループ・日産・ホンダ・マツダ・いすゞ)に注力し、需要拡大が見込まれる自動運転・先進運転システム(ADAS)向け計測機器を拡販する。

これら各ドメイン領域の製品を拡販し、IoT分野へ横断的に取り組む方針であり、同社とトレンドマイクロ(4704)、アラクサラネットワークスの3社共同で開発した工場ネットワークへのサイバー攻撃対策ソリューション「In-Line Security Monitor」を2018年4月に投入する予定だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。