マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(4):◆ドル円108円の攻防◆

2018年1月28日 10:15

〇通商問題でのドル安思惑、円高加速〇

ムニューシン米財務長官が「弱いドルは米国にとって良い事」と ダボス会議で発言し、ドル売りが加速している。NY時間でドル円 は一時108.97円、4ヵ月ぶりの水準、ユーロ/ドルは1.2415ドルと 3年1ヵ月ぶりの水準。英ポンドは16年6月のブレグジット以来の水 準となる1.42ドル台。昨年10月頃、ユーロ高で始まったドル安が、 全面安状況となって来た。
トランプ大統領の「米国第一」姿勢で通商問題は目立った成果を挙 げて来なかったが、前日の洗濯機と太陽光パネルにセーフガード発 動などで、貿易赤字是正に取り組み始めたとの見方が背景にある。 通商規制とドル安の相乗効果で成果が出易くなる。

ドル円は17年9月107.83円、4月108.4円と108円近辺で円高ゾーンを 形成しているため、まずは108円の攻防が焦点になる(正しくはオプ ション権利行使価格のある107.5円)。この水準であれば、110~115 円ゾーンに戻るとの見方で、企業業績への懸念は限定的となろう。 その下は16年8月の100.2円。心理的には105円もフシ目と思われるが、 当時はブレグジットの余波で止まらなかった。16日時点のIMM通貨先 物建玉は11万9350枚の売り越しで、これが一気に解消されるイメージ になる。110円台を回復したのは11月で、3カ月程度は我慢の局面か。

1990年代以降「強いドルは国益」(当時のルービン財務長官)だった。 これは、プラザ合意以降の大幅ドル安で、米国債消化で海外資金を呼び 込むことに不安があったためだ。財政事情は日本より米国の方が悪く、 4割強程度は海外資金に依存している。 端的に言えば、ドル金利が上昇してくれば歯止めになる。昨日の米10年 物国債利回りは2.65%台。2.7~2.8%台に跳ね上がる公算はある。既に ドル安を投影して原油相場が上昇、WTIは66ドル台/バレルを付けた。

来週にも米財務省は四半期の国債発行計画を発表する。観測では、前年 の倍以上の1兆ドル超、2010年以来の大きさになると見込まれている。 JPモルガンの予想は1兆4200億ドル前後(昨年は約5500億ドル)。10年 債利回りは年末までに2.9%に達する予想。障害があっても、金利差が大 幅に拡大すれば、投資魅力を増そう。

昨日、貿易統計速報で17年輸出額は前年比11.8%増の78兆2897億円。ア ジア向けが15.7%増の42兆9252億円、中国向けは20.5%増の14兆8914億 円と共に過去最大。台湾TSMC董事長の発言として5年ぶり水準にある 台湾ドル高に警戒コメントがあるなど、通貨高はアジアに広がる。米国 向け輸出が現実に停滞することになれば影響は広がるが、当面はアジア 貿易の活況度が下支えになる公算があろう。

以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(17/1/25号)

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。