マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】26日の米国市場ダイジェスト:NYダウは223ドル高、トランプ大統領の演説や経済指標を好感

2018年1月29日 7:53

■NY株式:NYダウは223ドル高、トランプ大統領の演説や経済指標を好感

26日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は223.92ドル高の26616.71、ナスダックは94.61ポイント高の7505.77で取引を終了した。10-12月期GDP速報値が概ね堅調な内容となり、12月耐久財受注も予想を大幅に上振れ、買いが先行。トランプ大統領がダボス会議での演説で米経済の好調さを強調し、環太平洋連携協定(TPP)の復帰を示唆したほか、為替相場でのドル安進行が好感され、終日堅調推移となった。ダウ、ナスダック総合指数、S&P500指数は揃って最高値を更新した。セクター別では、半導体・半導体製造装置や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や消費者・サービスが下落した。

半導体のインテル(INTC)は決算内容が好感され大幅上昇。短文投稿サイトのツイッター(TWTR)はクラウドベースの顧客管理ソフトなどのセールス・フォース(CRM)による買収観測が浮上し、急騰。ソフトウェアのVMウェア(VMW)はPCメーカーのデルによる買収検討が報じられ、大幅上昇。一方で、カジノ・ホテル運営のウィン・リゾーツ(WYNN)は、創業者でもあるスティーブ・ウィンCEOがセクシャルハラスメントで複数の訴えを受けていることが明らかとなり、大幅下落。コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)は既存店売上高が予想を下振れ、軟調推移となった。

スポーツ用品のナイキ(NKE)はアクティビスト(物言う投資家)のビル・アックマン氏率いるパーシング・スクエア・キャピタルの株式取得が報じられ、買われた。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:トランプ米大統領が協調姿勢を見せ、ドルの買い戻しが優勢

26日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円59銭へ上昇後、108円28銭まで反落し、108円63銭で引けた。

注目されていたダボスでの演説で、トランプ米大統領は世界各国と協調する姿勢を見せ、保護主義、通貨安戦争への脅威が後退し、ドルの買い戻しが優勢となった。その後発表された米10-12月期GDP速報値が予想を下回り、ドル売りが再燃したほか、日銀の黒田総裁がダボスで、インフレや賃金の改善を示唆したため早期の緩和策解除への思惑が浮上し円買いが加速。しかし、日銀が声明を発表し、「黒田総裁はダボスでインフレ見通しを修正したわけではない」と確認したため、円買いが後退した。ユーロ・ドルは、1.2457ドルから1.2406ドルへ弱含み1.2429ドルで引けた。ユーロ・円は、136円07銭から134円54銭まで下落。ポンド・ドルは、1.4253ドルから1.4137ドルへ下落した。ドル・スイスは、0.9389フランから0.9324フランまで下落した。

■NY原油:反発で66.14ドル世界経済の順調な成長に伴う需要増の思惑強まる

NY原油先物3月限は反発(NYMEX原油3月限終値:66.14 ↑0.63)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+0.63ドルの66.14ドルで通常取引を終えた。一時66.35ドルまで買われた。この日発表された米国の10-12月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率+2.6%で市場予想を下回ったものの、12月の米耐久財受注速報値と製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)は市場予想を上回ったことが好感されたようだ。世界経済の順調な成長に伴い原油需要の増加が予想されており、米国における生産量が増加しても需給関係はただちに悪化しないとの見方も原油先物相場を下支えした。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  32.20ドル +0.11ドル(+0.34%)
モルガン・スタンレー(MS) 57.60ドル +0.79ドル(+1.39%)
ゴールドマン・サックス(GS)268.14ドル -0.89ドル(-0.33%)
インテル(INTC)      50.08ドル +4.78ドル(+10.55%)
アップル(AAPL)      171.51ドル +0.40ドル(+0.23%)
アルファベット(GOOG)   1175.84ドル +5.47ドル(+0.47%)
フェイスブック(FB)    190.00ドル +2.52ドル(+1.43%)
キャタピラー(CAT)     167.06ドル -2.31ドル(-1.36%)
アルコア(AA)       54.00ドル +0.89ドル(+1.68%)
ウォルマート(WMT)     108.39ドル +1.79ドル(+1.68%)
スプリント(S)       5.37ドル +0.03ドル(+0.56%)

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。