マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】一旦は安心感が高まるも、引き続き投資家心理は冷え込む【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月29日 9:22

9時20分時点のビットコイン価格は、フィスコ仮想通貨取引所で1,272,005円、Coin Market Capでは11,762.60ドル。

仮想通貨取引所コインチェックの仮想通貨流出問題(被害を受けた顧客は約26万人)、これに関して同社が日本円での返金方針を発表(なお、補償時期を精査中としている他、補償額の算出方法にも議論があるなど引き続き動向には注目しておく必要がある)。この発表を受けて、問題が発覚した26日に一時1,060,000円まで下落していたビットコイン価格は、28日には一時1,740,000円まで上昇した後、現在はレンジを1,200,000円半ばから後半の水準に切り上げて推移している。

足元では同問題を受けて、「日本ブロックチェーン協会」と「日本仮想通貨事業者協会」の2団体が統合して新自主規制団体を発足させる方針を固めたと報じられている(詳細については今後詰めていくもよう)。利用者保護への動きが一段と加速していくことが期待されてくるだろう。しかし、目先は引き続き投資家心理が冷え込んでいる状況が継続するものと思われ、狭いレンジ内でのこう着といった展開が続きそうだ。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドルはCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

<WA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。