マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ランチタイムコメント】日経平均は続落、決算評価も日替わり物色か

2018年1月30日 12:08

 日経平均は続落。152.08円安の23477.26円(出来高概算7億株)で前場の取引を終えた。
29日の米国市場は、米国債利回りが2014年以来の高水準に上昇したことが嫌気され、終日軟調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の23535円となり、これにサヤ寄せする格好から始まっている。その後一時23581.98円まで下げ幅を縮める局面もみられたが戻りは鈍く、反対に支持線として意識されていた25日線を割り込むと、じりじりと下げ幅を広げている。

 東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1499と1500に迫っており、全体の7割を占めている。
セクターでは鉱業、石油石炭、その他金融、証券、保険、海運、電気機器、建設が弱い。
一方でパルプ紙、機械、輸送用機器の3業種が小幅ながらプラスとなった。指数インパクトの大きいところでは日立建<6305>、花王<4452>、コマツ<6301>が堅調。半面、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、東エレク<8035>、信越化<4063>、ソフトバンクG<9984>
がさえない。

 日立建<6305>が堅調な展開となるなど、決算を評価した物色はみられている。しかし、前日に決算が評価されていたファナック<6954>や信越化<4063>はインデックスに絡んだ売りも交え、前日の上昇部分が帳消しになっている。決算評価も買いが続かないようだと、日替わり的な物色になりやすく、その分、資金の逃げ足も速まることになろう。

 また、日経平均は支持線として意識されていた25日線を割り込んできている。想定されていた面はあるものの、一目均衡表では基準線での攻防となっており、これを割り込んでしまうと、いったんは年初の上昇部分が帳消しになる可能性もある。もっとも、その水準でも13週線が支持線として機能しており、中長期的なトレンドは強い。決算を手掛かりとした日替わり物色を行いつつ、目先底を探る展開になりそうだ。
(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。