マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】明光ネット Research Memo(3):2018年8月期第1四半期業績はおおむね会社計画通りの進捗

2018年1月30日 15:23

■業績動向

1. 2018年8月期第1四半期業績の概要
明光ネットワークジャパン<4668>の2018年8月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比1.4%減の4,411百万円、営業利益が同26.2%減の401百万円、経常利益が同28.6%減の427百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同29.6%減の229百万円と減収減益決算となったが、おおむね会社計画通りの進捗となった。

2018年8月期は、明光義塾事業の強化(「振り返り授業」と「明光eポ」、及びICTを活用した新コンテンツの開発と順次導入、教室環境整備、ブランディング刷新、マーケティング機能の強化等)、すべての事業の収益力強化、人材育成等を基本方針として取り組んでおり、当第1四半期では明光義塾事業において「振り返り授業」と「明光eポ」、及びICTを活用した英語等の新コンテンツを順次導入するための研修会等を実施してきた。また、プロモーション施策としては、小中学生向け英語コンテンツサイトの新設やコミュニティサイトのリニューアル、コンタクトセンターの安定稼働への取り組み等を行った。

こうしたなかで、当第1四半期は明光義塾事業における生徒数減少が響いて売上高が減収となったほか、売上高営業利益率も前年同期の12.2%から9.1%に低下した。主力の明光義塾事業の経営指標を見ると、当第1四半期末の教室数は前年同期比1.5%減の2,069教室、生徒数は同4.4%減の131,067人となり、教室末端売上高は同4.9%減と減少基調が続いた。少子化の進行と同時に個別指導塾業界における生徒獲得競争が激化するなかで、ここ2年間は生徒獲得のための有効な差別化戦略を打ち出せなかったことが苦戦する要因となっている。しかし、2018年春の新規生徒募集シーズンに向けては、新指導メソッド「MEIKO式コーチング」のプロモーション活動を積極展開していく予定で、生徒数の回復が期待される状況となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。