マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~13週線接近で押し目拾いのスタンスに

2018年1月31日 12:37

31日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は続落、13週線接近で押し目拾いのスタンスに
・ドル・円は伸び悩み、米一般教書演説にらみの展開
・値下がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はファナック<6954>

■日経平均は続落、13週線接近で押し目拾いのスタンスに

日経平均は続落。24.75円安の23267.22円(出来高概算7億5000万株)で前場の取引を終えている。30日の米国市場では世界的な金利上昇への警戒感からポジションを手仕舞う動きが強まり、NYダウは362ドル安となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の23190円となり、これにサヤ寄せする格好から売りが先行。ただし、前日の段階でNYダウ先物が大きく下げていたこともあり、織り込み済みとの見方から寄付き直後の23184.00円を安値に、その後は下げ渋る展開に。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1000を超えており、過半数を占めている。セクターではその他金融、鉄鋼、不動産、鉱業、建設が軟調。半面、その他製品、水産農林、食料品、ガラス土石、パルプ紙、化学がしっかり。指数インパクトの大きいところでは、東エレク<8035>、ファナック<6954>、セコム<9735>、ソフトバンクG<9984>が軟調。一方で、ファーストリテ<9983>、信越化<4063>、アドバンテスト<6857>、キヤノン<7751>が下支え。

日経平均は一時23200円を下回ったが、その後は下げ渋る動きをみせている。週間形状では13週線に接近しているほか、一目均衡表では転換線に接近しており、支持線として意識されている。トランプ大統領の一般教書演説が行われているが、イベント通過によって今晩の米国市場の反発も意識されやすく、ここからは押し目拾いのスタンスになりそうである。

もっとも決算発表が本格化する中、本日は370社近く発表が予定されている。決算内容を見極めたいとする模様眺めムードの中、大きなトレンドは出難いだろう。決算を手掛かりとした個別対応の中、決算が通過した企業などへは、再評価の動きも意識されそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)

■ドル・円は伸び悩み、米一般教書演説にらみの展開

31日午前の東京市場でドル・円は伸び悩み。トランプ米大統領の一般教書演説によるドルの押し上げ効果は限定的となった。

ドル・円は、日経平均株価の反転を受けリスク選好的なドル買い・円売りが強まり、一時109円09銭まで切り返した。ただ、その後日経平均は再びマイナス圏となり、ドルは108円後半での推移となった。

11時すぎに開始したトランプ大統領の一般教書演説は、インフラ整備などは従来の主張と大きな違いはみられず、ドルの押し上げ効果は薄い。ただ、米株式先物から今晩の米株高を見込んだドル買いが観測された。

一方、ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏での推移が続き、目先の日本株反転を見込んだ円売りは弱まっているようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円69銭から109円09銭、ユーロ・円は134円85銭から135円34銭、ユーロ・ドルは1.2396ドルから1.2425ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄

・バリューコマース<2491>やMARUWA<5344>がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はファナック<6954>

■経済指標・要人発言

・黒田日銀総裁
「根付いたデフレマインドの転換に時間がかかっている」
「中長期的な予想物価上昇率は着実に上昇する」

・日銀金融政策決定会合における主な意見(1月22-23日分)
「オペの運営が先行きの政策スタンスを示すことはない」
「リスク資産買入れは、政策効果と考え得る副作用についてあらゆる角度から検討するべき」
「デフレ脱却の実現には政府・日銀一体でマクロ経済政策運営を強力に推進することが重要」

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:30 岩田日銀副総裁会見

<海外>
・16:00 独・12月小売売上高(前月比予想:-0.4%、11月:+1.8%)

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。