マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】円高の影響を受けにくい内需株~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)

2018年1月31日 14:36

こんにちは、フィスコマーケットレポーター馬渕磨理子の「eワラントジャーナルの気になるレポート」です。

eワラント証券のコラムで「円高のタイミングで注目すべき銘柄」について興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

ダボス会議での要人発言によって円高が進行しています。こういった市況の時には「為替の影響を受けにくい内需株」に資金が流れていくシーンは、これまでにも何度も見られています。そこで、『外食、インバウンド消費、インターネット』企業には注目しておくべきだと同コラムでは述べています。

円高の要因となった要人発言ですが。2018年ダボス会議が1月23日(火)- 26日(金)の日程でスイスのダボスで開催されました。ここで『日銀・黒田総裁が「2%のインフレ目標の達成を難しく、かつ時間の掛かるものにした要因は数多くあるが、ようやく目標に近い状況にあると思う」と述べたことが円高進行の決定的な要因となった。ここまで日銀が取ってきた金融政策の転換を示唆しているのでは?と判断された』と同コラムでは分析しています。さらに『ムニューシン米財務長官の、「明らかにドル安はわれわれにとり良いことだ。貿易や各種機会に関わるからだ」とのドル安を容認するかのような発言』もさらに円高を進行させたようです。

こうした中において、投資資金が「内需株シフト」の動きを強める可能性に備えておくことが有効だと言えそうです。外食株はその対象となりそうで、なかでも、くらコーポレーション<2695>、スシローグローバルホールディングス<3563>などの『回転寿司を展開する銘柄の動き』に同コラムでは注目しています。また、インバウンド消費関連株の筆頭であるオリエンタルランド<4661>やインターネット分野でGMOインターネット<9449>などにも強い動きをするものが散見されると締めくくっています。

なお、上記の記事の詳細は、eワラント証券が運営している「eワラントジャーナル」の1月31日付のコラム「円高時、内需株へ資金シフトする“いつものシーン”が見られるか」にまとめられています。

馬渕磨理子の「気になるレポート」は各種レポートを馬渕磨理子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 馬渕磨理子

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。