マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1):◆前ノメリの空売り相場◆

2018年4月1日 9:40

〇売り方優勢の展開も、行き過ぎ修正余地〇

23日の東証空売り比率は驚愕の50.3%、初の50%大台乗せと なった。東証一部の5%超値下がり銘柄数は393銘柄(一時は 500に迫った)、値上がりは29銘柄のみ。銘柄数は異なるが、 東証2部の5%超値下がり銘柄数は92、値上がり33銘柄と比較 すると、ある程度流動性のある銘柄を片っ端から売った印象だ。 日経平均の値下がり率4.51%に対し、TOPIX3.62%。先物の売 り込みやすさが差を生じさせた観がある(ちなみに東証2部の 下落率は2.74%)。
ドル建て日経平均終値は196.56ドルまで下落。ドル円が104円 台に 入ったので、日銀ETF購入4連投、今月9回目の出動も焼け 石に水の印象だった。
ただ、材料的には売られ過ぎの感がある。ポイントは以下。

1)日本の鉄鋼輸出は17年3813万トン、前年比7.5%減。うち  米国向けは187万トン、同9.3%減。数量ベースでは全体の  4.9%。品目別の情報はないが、高級鋼材で対象外になるも  のもあるのではなかろうか。政府やメディアが「大変だ」と  騒ぐのは分かるが、市場は本来なら冷静に対応するハズ。

2)中国の報復が懸念されているが、今のところ出てきたのは  ドライフルーツやワインなどに15%、豚肉製品などに25%関  税で、総額30億ドル規模。楼継偉元財政相が「私ならまず大  豆を先に叩く」と語ったと報じられているが、中国の大豆生産  は既に危機的状況にあり、2月から米輸入制限措置検討と報じ  られていた。15年の数字だが、輸入量は8000万トン、中国生産  量は1235万トン、国内消費は5225万トンで約4000万トンがダブ  つき、1/3を占める産地・黒竜江省の不況は深刻。米国債売却の  思惑も出ているが、果たして人民元相場を維持できるか。矛盾  を抱えながら、手を打って来られなかった中国の弱みがある。  言葉の応酬とは裏腹に、中国の強腰には不透明感があり、対日  微笑外交姿勢を強める可能性も考えられる。

3)2月のタイ自動車生産が前年同月比15%増。日本車のウェイトは  分からないが、輸出向け13%増、国内向け18%増。日本企業の東  南アジア展開が軌道に乗っている代表事例と考えられる。米国の  高関税攻勢が一段とエスカレートしても、09年辺りから拡充して  きた米国拠点(ドル安なら輸出拠点にする試みも行われている)、  東南アジア拠点の拡大効果があり、かつての貿易摩擦とは異なる。

4)米株が急落しているが、中国から製品輸入代表のアップル、中国  製品販売のウォールマートが騒がれていないのは何故か? まとまって空売る銘柄(東芝、シャープなど一時2億株超)が無くな り、現在の空売り残トップは三菱UFJの7668万株(22日現在)。 それだけに、広く浅く売られ、回転の動きも早いと見られる。買戻し 局面を交えた展開が想定される。ただし、戻りの鈍さは売り直しの機 会となるので、神経質な綱引きが予想される。 為替が不透明だが、当面の目安は、ドル建て日経平均200ドル×ドル 円105円±2.5円=21500~20500円ゾーンの維持と考えられる。

以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(18/3/26号)

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。