マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】フリービット Research Memo(1):2018年4月期第3四半期は増収減益。先行投資が一段落し収益回復基調

2018年4月2日 15:01

■業績動向

1. 2018年4月期第3四半期の業績概要
フリービット<3843>の2018年4月期第3四半期業績は、売上高が前年同期比6.2%増の28,854百万円、営業利益が同30.2%減の966百万円、経常利益が同51.9%減の516百万円、親会社株主に帰属する四半期純損失が724百万円(前年同期は252百万円の利益)となり、増収減益となった。

売上高が前年同期比6.2%増と伸びたのは、ブロードバンド事業がマンションインターネットの導入増加により成長したこととアドテクノロジー事業においてアドテクノロジー関連サービスやアフィリエイトサービスの事業規模が拡大したことが主要因である。売上総利益が同16.4%増と伸びたのは、先行投資が事業として顕在化しつつあることを示す。販管費は(株)フリービットEPARKヘルスケアの連結子会社化等に伴う人件費やその他費用の増加によって、同29.0%増と大きく増加。この結果、営業利益は同30.2%の減益となった。経常利益の減益は、営業利益の減益の影響が大きく、次いでトーンモバイル(株)の事業拡大に伴う持分法投資損失(上半期)が影響した。親会社株主に帰属する四半期純利益の減益は、経常利益の減益の影響が大きかった。

四半期ごとの営業利益では、第1四半期が244百万円、第2四半期が178百万円と低調だったのに対し、第3四半期は543百万円と盛り返した。主力のブロードバンド事業とアドテクノロジー事業でしっかり稼いだことに加え、主にヘルステック事業における販管費の増加が落ち着いたことも収益力向上につながった。

■Key Points
・「Being The NET Frontier !」を理念に掲げ、インターネット・サービスにおける様々な原動力(エンジン)を提供。ヘルスケアや不動産などの生活産業の情報化事業に多角化
・2018年4月期通期は売上高400億円、営業利益20億円の予想に向けてほぼ計画通りの進捗
・2020年に売上高500億円、営業利益50億円を目指す。ヘルステック事業が投資フェーズから回収フェーズに転換へ

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<NB>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。