マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:女子大生の腹部から十数センチの寄生虫、愛猫との添い寝が原因

2015年12月18日 15:02

四川省成都市のある女子大学生の腹部から、体長十数センチの「サナダムシの幼虫」が出てきて周囲を驚かせている。大きさから判断すると、体内に数年寄生していたとみられている。華西都市報が16日付で伝えた。

腹部の腫れ物を手術した際に判明した。女子学生の腫れ物は当初、単なる脂肪の塊か皮膚の炎症と診断されていた。現代では、寄生虫による病例はほとんど見られなくなったため、超音波検査をした段階でようやく分かったという。

感染経路として疑われているのは、ペットとして飼っていた猫。彼女は「毎晩、猫と一緒に寝ていた」という。

サナダムシはカエルやヘビが中間宿主で、猫や犬が終宿主になりやすい。このため、ヒトが感染する経路としては、一般にカエルやヘビを生で食べた場合が最も危険だが、終宿主との接触が頻繁な場合、幼虫が口や眼の粘膜を通してヒトの体内に入ることもあるという。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。