マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】RIZAP-G—湘南ベルマーレの連結子会社を発表、サッカーJ1リーグへ参入

2018年4月6日 14:25

RIZAPグループ<2928>は6日、三栄建築設計<3228>と合弁会社メルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズ(本社:東京都新宿区)を設立し、本合弁会社により湘南ベルマーレ(本社:神奈川県平塚市)へ出資を行う事を発表。本出資により湘南ベルマーレは本合弁会社の子会社となり、かつRIZAPグループの連結子会社(孫会社)となる。

RIZAPグループでは、中期経営計画で掲げた2021年3月期の連結売上収益3,000億円・連結営業利益350億円の目標達成に向けた、RIZAP事業を中心とする美容・健康関連事業の成長戦略の一環として、「スポーツ分野」および「フード分野」を2大成長分野と位置づけている。この2分野における戦略的投資を集中させ飛躍的成長を実現させる方針としており、2021年3月期におけるスポーツ分野・フード分野における売上高1,000億円以上の達成を目標としている。

この方針の下、スポーツ分野における事業展開の強化施策に着手している。具体的には、昨年12月に連結子会社であるRIZAP(本社:東京都新宿区)によるサッカーやランニング等のスポーツ用品の販売を専門的に行うビーアンドディー(本社:東京都中野区)、各種サポーターの製造販売を行うD&M(本社:東京都台東区)の株式を取得している。加えて、昨年から始動した「RIZAP アスリートプロジェクト」では、これまでボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太選手をはじめ、多くのアスリートのトレーニングのサポートおよび支援を行っている。

今回スポーツ分野におけるさらなる成長に向けた戦略の一環として、3年間で10億円以上を投資し、湘南ベルマーレの経営基盤および選手育成の強化、最先端技術の活用、選手向けの商品開発およびクラブハウスの充実等によりクラブ経営を発展させる。2020年までに、J1リーグ、天皇杯等でのタイトル獲得、スタジアム収容率No.1を目指すとしている。

また、RIZAPグループの強みであるRIZAP型マーケティングにより湘南地域に根差したクラブ運営をさらに強化する。近年の国民的なスポーツおよび健康志向の盛り上がり、健康寿命増進に向けた各地方自治体のスポーツ・運動への取り組みの活発化を背景に、スポーツ関連事業の強化を今後も積極的に行っていくとしている。

<TN>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。