マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】インド中銀、国内金融機関に対して仮想通貨取引の規制を発表【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年4月9日 18:47

インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)は5日、金融機関に対し3カ月以内に仮想通貨の取扱いを停止するよう命じた。RBIは2017年2月、12月の2回にわたり、仮想通貨の取扱い許可を出していない旨の警告を発していた。禁止の背景には、インド政府はかねてより仮想通貨を「ポンジ・スキーム」(出資者から集めた資金を運用せず、別の出資者に配当金と偽り渡すことであたかも資金運用が行われているかのように装う詐欺)の一種だとみなしていたことなどがあるようだ。

禁止令の発表を受け、BTC/USD(国際価格)が約6600ドルであったのに対し、BTC/INRは35万ルピー(約5400ドル)まで一時急落した。一説によると、インドでは約400~500万人が何らかの仮想通貨を保有しているという。

RBIが国内金融機関に対する大規模な仮想通貨規制を発表した一方で、仮想通貨を「禁止」した中国ほどの影響は出ないとの見方もあるようだ。インド国内の取引所であっても、海外金融機関を利用すれば依然として取引が可能なのだ。また、3カ月以内に実際に規制が行われるのかという点も焦点になっているようだ。こうした点から、一時は急落を見せていたBTC/INRだが、下落前の水準まで戻りをみせている。

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。