マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:米国債入札、予想通り需要鈍化

2018年4月11日 7:37

米財務省は300億ドル規模の3年債入札を実施した。この4年間で最大規模となる。米財務省は11日には210億ドル規模の10年債入札を予定している。米国の連邦政府は歳出の増加を補わなければならない。トランプ政権の税制改革が歳出を増やし、財政赤字はさらに拡大する見込み。米連邦議会予算事務局(CBO)が発表した最新予想で、財政赤字は2020年までに1兆ドルに膨らむと見ている。従来の見通しに比べ2年前倒しされた。

3年債入札結果は最高落札利回りが2.45%と、2007年5月以降ほぼ11年ぶり高水準となった。応札倍率は2.85倍。過去10回入札平均の2.95倍を下回った。倍率は4入札連続で低下。需要は冴えなかった。外国中銀を含む間接ビッドは47.6%。前回入札の50%から低下した。入札規模の拡大や米連邦準備制度理事会(FRB)が追加利上げ軌道にあり、金利先高感が広がっているため、需要は一段と鈍化すると見られる。長期債利回りも上昇が予想される。

米中貿易摩擦で、中国が報復措置として人民元切り下げを検討しているとの憶測に加えて保有している米国債の売却に踏み切るとの憶測も浮上した。しかし、専門家や次期NY連銀総裁に指名されたウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁は関税を受けて、中国が米国債を売却する可能性は少ないとの見解を示している。

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。