マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は反落、テルモとファーストリテで約50円押し下げ

2018年4月11日 19:26

11日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり99銘柄、値下がり123銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は反落。10日の米国市場は、習近平国家主席の演説で米中貿易摩擦への懸念が後退したことや原油高、主要企業決算への期待から大幅上昇となった。ただ、日経平均は、習近平国家主席の講演内容を前日に織り込んでいたことから流れを引き継ぐ格好にはならず、指数インパクトの大きいソフトバンクG<9984>が日経平均を押し上げる格好から小幅続伸で取引を開始。前場はこう着感の強い展開となっていたが、後場に入るとNYダウ先物の弱い値動きも警戒され、次第に利益確定の流れに押される展開となった。

大引けの日経平均は前日比107.22円安の21687.10円となった。東証1部の売買高は15億3320万株、売買代金は2兆5586億円だった。業種別では、石油・石炭製品、鉱業、海運、証券、非鉄金属が上昇率上位、一方、精密機器、小売、食料品、サービス、医薬品、陸運などが下落率上位だった。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はファナック<6954>となり、2銘柄で日経平均を約50円押し上げた。ソフトバンクGはスプリントとTモバイルの統合交渉再開を好感し8100円台を回復する場面も。日経平均構成銘柄の上昇率トップはJXTGH<5020>で4.3%高、同2位はソフトバンクG<9984>で3.5%高だった。原油市況の急伸を受けて石油関連が軒並み買われた。

一方、値下がり寄与トップはテルモ<4543>、同2位はファーストリテ<9983>で、2銘柄で日経平均を約50円押し下げた。引き続き内需・ディフェンシブ系銘柄に利益確定の売りが出ている。日経平均構成銘柄の下落率トップは、Jフロント<3086>で9.3%安、同2位はテルモ<4543>で6.5%安、同3位は花王<4452>で4.3%安となった。Jフロントは19年2月期は営業利益が減益になる見通しだと発表したことが響いた。

*15:00現在

日経平均株価  21687.10(-107.22)

値上がり銘柄数  99(寄与度+115.69)
値下がり銘柄数 123(寄与度-222.91)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     7980    266 +29.61
<6954> ファナック       26985    540 +20.04
<6762> TDK            9520    160 +5.94
<4063> 信越化         10960    145 +5.38
<6506> 安川電          4750    110 +4.08
<6367> ダイキン        12185     95 +3.53
<5713> 住友鉱          4516    140 +2.60
<9433> KDDI           2778     11 +2.45
<6301> コマツ          3607     65 +2.41
<6857> アドバンテ       2230     31 +2.30
<4502> 武田           5055     55 +2.04
<7272> ヤマハ発         3320     50 +1.86
<8058> 三菱商         2914.5     47 +1.74
<6479> ミネベアミツミ     2228     47 +1.74
<6971> 京セラ          6049     22 +1.63
<6976> 太陽誘電         1896     43 +1.60
<7269> スズキ          5904     35 +1.30
<8031> 三井物         1851.5     30 +1.11
<8253> クレセゾン       1794     30 +1.11
<5020> JXTGHD         683.3   27.9 +1.04

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<4543> テルモ          5510   -380 -28.20
<9983> ファーストリテ    45950   -600 -22.26
<4452> 花王           7814   -348 -12.91
<8028> ユニー・F        8970   -260 -9.65
<9613> NTTデータ        1118    -42 -7.79
<4523> エーザイ         6681   -207 -7.68
<7951> ヤマハ          4875   -195 -7.24
<4911> 資生堂          6917   -191 -7.09
<4519> 中外薬          5590   -180 -6.68
<2801> キッコーマン      4280   -160 -5.94
<9766> コナミHD         5360   -140 -5.19
<4578> 大塚HD          5332   -127 -4.71
<2502> アサヒ          5624   -125 -4.64
<9735> セコム          7979   -115 -4.27
<6098> リクルートHD     2589.5    -33 -3.67
<1925> 大和ハウス       4021    -98 -3.64
<8035> 東エレク        20045    -95 -3.53
<4568> 第一三共         3658    -94 -3.49
<3086> Jフロント        1642   -168 -3.12
<8252> 丸井G           2183    -83 -3.08

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。