マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は小幅続伸、ユニファミマとKDDIで16円の押し上げ

2018年4月16日 19:40

16日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり143銘柄、値下がり76銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は小幅続伸。前週末の米国市場では、複数の大手行決算が好感されたことで買いが先行。しかし、米英仏によるシリアへの軍事攻撃に対する懸念から引けにかけて下落に転じ、NYダウは122ドル安と反落、為替も1ドル=107円台の水準を維持した。ただし、米英仏によるシリア攻撃に対する本日の東京市場の反応はアク抜けといった格好だった。為替も107円台で推移していることから、日経平均株価は買い先行でスタート。一時マイナス転換する場面はあったものの、終日小高く推移。日米首脳会談を控えていることもあり、完全なアク抜けといった格好にはなりにくかったようだ。

大引けの日経平均は前週末比56.79円高の21835.53円となった。東証1部の売買高は13億1043万株、売買代金は2兆388億円だった。業種別では、医薬品が2%台の上昇、水産・農林、電気・ガス、小売、食料品、倉庫・運輸関連が上昇率上位で、内需・ディフェンシブセクターの買い戻しが中心。一方、下落率上位は、原油市況の上昇一服で石油・石炭がトップだが、証券、その他製品、非鉄金属、保険、金属製品、海運、不動産と続いた。

値上がり寄与トップはユニファミマ<8028>で9.65円、同2位はKDDI<9433>で6.79円と、2銘柄で約16円の押し上げ要因となった。アステラス薬<4503>が6.49円、リクルートHD<6098>で5.96円、テルモ<4543>が5.19円、日東電<6988>4.79円、中外薬<4519>4.45円などと続いた。内需・ディフェンシブ銘柄の買い戻しが中心。日経平均構成銘柄での上昇率トップは日ハム<2282>で3.2%高だった。

値下がり寄与トップは利食いに押されたファーストリテ<9983>で40.07円、同2位はファナック<6954>で13.36円で、2銘柄で日経平均を約53円押し下げた。信越化学<4063>が約7円、TDK<6762>、デンソー <6902>が約2円押し下げた。日経平均構成銘柄の下落率は、ファーストリテがトップで2.3%安だった。

*15:00現在

日経平均株価  21835.53(+56.79)

値上がり銘柄数 143(寄与度+141.69)
値下がり銘柄数  76(寄与度-84.90)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄        直近価格 前日比 寄与度
<8028> ユニー・F       9390   260 +9.65
<9433> KDDI           2805  30.5 +6.79
<4503> アステラス薬    1596.5   35 +6.49
<6098> リクルートHD     2579  53.5 +5.96
<4543> テルモ         5750   70 +5.19
<6988> 日東電         8444   129 +4.79
<4519> 中外薬         5710   120 +4.45
<4578> 大塚HD         5390   113 +4.19
<4502> 武田           5016   105 +3.90
<4911> 資生堂         6807   104 +3.86
<4568> 第一三共        3811   98 +3.64
<9735> セコム         8107   89 +3.30
<4507> 塩野義         5519   83 +3.08
<4523> エーザイ        6916   80 +2.97
<4452> 花王           7853   74 +2.75
<2282> 日本ハム        4645   145 +2.69
<7733> オリンパス       3990   70 +2.60
<4021> 日産化         4730   70 +2.60
<3382> 7&I-HD         4751   67 +2.49
<4901> 富士フイルム     4343   62 +2.30

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄        直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ   45790 -1080 -40.07
<6954> ファナック      26315  -360 -13.36
<4063> 信越化         10950  -180 -6.68
<9984> ソフトバンクG     7997   -31 -3.45
<6762> TDK           9660   -50 -1.86
<6902> デンソー        5819   -41 -1.52
<2502> アサヒ         5509   -32 -1.19
<7269> スズキ         5881   -31 -1.15
<6857> アドバンテ       2261   -15 -1.11
<7272> ヤマハ発        3350   -25 -0.93
<6770> アルプス        2647   -24 -0.89
<5713> 住友鉱         4412   -45 -0.83
<6305> 日立建         4010   -20 -0.74
<8766> 東京海上        4927   -35 -0.65
<6503> 三菱電         1694   -17 -0.63
<6367> ダイキン       12535   -15 -0.56
<8830> 住友不         3979   -15 -0.56
<6976> 太陽誘電        1899   -13 -0.48
<8801> 三井不        2710.5   -13 -0.48
<6479> ミネベアミツミ    2255   -11 -0.41

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。