マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~資生堂などの好業績株が押し上げ

2018年5月14日 12:31

14日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3日続伸、資生堂などの好業績株が押し上げ
・ドル・円はもみあい、材料難で方向感はつかみづらい
・値上がり寄与トップは資生堂<4911>、同2位はソフトバンクG<9984>

■日経平均は3日続伸、資生堂などの好業績株が押し上げ

日経平均は3日続伸。54.89円高の22813.37円(出来高概算7億4000万株)で前場の取引を終えている。

先週末11日の米国市場ではNYダウが91ドル高と7日続伸する一方、ナスダック総合指数は6日ぶりに反落するなど高安まちまちだった。アップルを中心としたハイテク株に利益確定の売りが出て、半導体大手エヌビディアも軟調な見通しを受けて下落した。週明けの東京市場では米ハイテク株安を嫌気した売りが先行し、日経平均は53円安からスタートしたが、寄り付き直後を安値にプラスへと切り返した。資生堂<4911>などに決算を好感した買いが入り、指数を押し上げた。

個別では、資生堂が16%を超える上昇で日経平均を約44円押し上げた。第1四半期決算が市場予想を上回る大幅増益となった。自社株買い実施を発表した三井不<8801>も8%超高と上げが目立った。その他売買代金上位では武田薬<4502>、ソニー<6758>、ソフトバンクG<9984>などが堅調で、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>といったメガバンク株も小幅に上げた。一方、マネックスG<8698>、SUMCO<3436>、SUBARU<7270>などが軟調。SUBARUは決算を受けてレーティング引き下げの動きが観測された。任天堂<7974>やトヨタ自<7203>は小安い。ルネサス<6723>は第2四半期見通しが嫌気されて5%超下げた。セクターでは、不動産業、倉庫・運輸関連業、化学などが上昇。反面、パルプ・紙、鉱業、金属製品などが軟調だった。

日経平均は朝安後に切り返し、底堅さを見せている。為替市場では円安進行に一服感があり、積極的に上値を追う材料には乏しいとの見方もある。しかし、先週末の大幅高で節目の22500円水準を明確に上抜けてきたことから、今後は同水準を下値支持線として23000円回復を窺う展開を予想する市場関係者が多い。押し目を拾う動きが底堅さにつながりそうだ。また、決算を受けた反応はまちまちだが、資生堂のような好業績株を物色する動きも活発だ。今日、明日はそれぞれ300社超が決算発表を予定している。

新興市場ではマザーズ指数、日経ジャスダック平均とも4日ぶりに反発している。市場の関心が主力大型株に向かっているためこう着感の強い展開だが、ミクシィ<2121>が急反発するなど下げ過ぎ感から買い戻しや押し目買いの動きも出てきている。日経平均に比べマザーズ指数は出遅れ感が強く、今週前半までの決算発表を通過した後の水準訂正が意識されつつあるようだ。

■ドル・円はもみあい、材料難で方向感はつかみづらい

14日午前の東京市場で、ドル・円はもみあい。具体的な手がかりが乏しいなか、調整の売り買いにとどまり、方向感のつかみづらい値動きとなった。

ドル・円は、109円付近では押し目買いが観測され、朝方に109円40銭付近まで値を上げた。ただ、押し目買いなども出やすく、109円前半を中心とした値動きが続いた。ユーロ・ドルの底堅い値動きも材料視されたようだ。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いで、日本株高継続への思惑から目先は円売りに振れやすい見通し。一方、米10年債利回りは2.96%台で横ばい推移となっており、現時点でドル買いは限定的となりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円21銭から109円41銭、ユーロ・円は130円53銭から130円79銭、ユーロ・ドルは1.1940ドルから1.1967ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄

・日本板硝子<5202>や豊商事<8747>など11銘柄がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは資生堂<4911>、同2位はソフトバンクG<9984>

■経済指標・要人発言

・日・4月企業物価指数:前年比+2.0%(予想:+2.0%、3月:+2.1%)

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
特になし

<海外>
・15:45 メスター米クリーブランド連銀総裁講演(仏中銀主催会合)

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。