マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【仮想通貨コラム】コインチェックNEM流出事件の手口が明らかに【フィスコ・仮想通貨コラム】

2018年5月14日 17:54

今年1月26日、大手仮想通貨取引所のコインチェックがユーザーから預かっていた約580億円分の仮想通貨ネム(XEM)が不正流出した事件で、サイバー攻撃の手口がNHKの取材により明らかになった。

犯人は約半年間、同社の複数の社員と偽名でやりとりを行い、信頼を得た上でウイルスを仕込んだメールを送ったという。社員が知り合いからのメールと認識してそのメールを開いてしまったことで、パソコンがウイルスに感染したようだ。その後、犯人は外部から管理権限を奪って、保管されていた巨額のネムを盗み出したとみられているようだ。

仮想通貨市場におけるハッキング事件や不正アクセスは後を絶たない。警視庁が今年3月に発表した広報資料によると、昨年、仮想通貨交換業者等への不正アクセスによる不正送信事犯の認知件数は149件あったことがわかっている。その被害額は約6億6240万円相当だという。

だが、これらの事件はいずれも仮想通貨やブロックチェーン自体に問題があって起きたわけではない。取引所が仮想通貨を管理する際のセキュリティに問題点があったことによって起こった事件である。今後金融庁による監督が厳しくなることで、仮想通貨取引所に求められるセキュリティレベルが高くなることも考えられる。将来の可能性を秘める仮想通貨関連事業者には、今後ますますのセキュリティ強化が求められるだろう。

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。