マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】15日の中国本土市場概況:上海総合0.6%高で続伸、MSCI採用の医薬関連が急伸

2018年5月15日 16:49

15日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比18.09ポイント(0.57%)高の3192.12ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、19.00ポイント(0.57%)高の3343.27ポイントで取引を終えている。

海外マネーの流入期待が強まる流れ。中国A株を組み入れる「新・MSCI新興国指数」のスタートを6月1日に控えるなか、MSCIは本日早朝(日本時間)、事前予想(229銘柄)より多い234銘柄のA株採用リストを発表した。米中関係の改善期待も高まっている。米当局が制裁を科した中興通訊(ZTE:000063/SZ、763/HK)を巡っては、「輸出禁止令は2週間以内に解除される」との観測が浮上した。中国の劉鶴副首相は15日、米中通商協議のため渡米。両国の歩み寄りが期待される状況だ。取引時間中に公表された4月の経済指標が強弱感のある内容となるなか、景気の先行き不安で売られる場面がみられたものの、引けにかけて買いの勢いが再び増している。

業種別では、医薬関連の上げが目立つ。「新・MSCI新興国指数」の採用決定を材料に、広州白雲山医薬集団(600332/SH)が値幅制限いっぱいまで上昇し、北京同仁堂(600085/SH)が7.4%高、康美薬業(600518/SH)が5.6%高と買われた。医薬・バイオからは、同指数に18銘柄が選定されている。このほかに、リスト入りした銘柄では、炭素材メーカーの方大炭素(600516/SH)が5.6%高、発電設備の上海電気集団(601727/SH)が4.1%高、水力発電大手の中国長江電力(600900/SH)が2.5%高などと値上がりした。

半面、金融株の一角はさえない。招商銀行(600036/SH)が0.8%安、中国太平洋保険(601601/SH)が0.6%安とそろって反落している。それぞれMSCI指数には採用されたものの、事前の期待が大きかったこともあり、いったん利食い売りにおされた格好だ。

一方、外貨建てB株の相場はまちまち。上海B株指数が0.05ポイント(0.02%)安の320.95ポイント、深センB株指数が2.44ポイント(0.22%)高の1106.60ポイントで終了した。

【亜州IR】

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。