マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】原油取引におけるドル決済は減少へ?

2018年5月15日 16:07

 米トランプ大統領が「イラン核合意からの離脱」を大方の予想通り発表し、対イラン制裁を復活させる大統領令に署名しました。トランプ大統領は以前からイラン核合意について極めて批判的であったことから、米国の行動は予想外ではなかったものの、欧州各国は米国の決定を厳しく批判し、米国との今後の協力を拒否するような意見も出ました。

 報道によると、欧州委員会委員長のジャン=クロード・ユンケル氏は「もはやアメリカに世界の他の地域と協力する気はない」、「EUが世界の超大国としてアメリカに取って代わるべきだ」と述べています。マクロン仏大統領とメルケル独首相も米国の離脱を非難し、メルケル首相は「米国との軍事同盟から離れるべきではないか?」との考えを表明したようです。

 一部の市場関係者は米国の行動について、「イラン政府が原油取引におけるドル体制からの脱却を狙って、原油取引の決済通貨をドルからユーロに切り替えることを発表したことに対する報復措置かもしれない」と指摘します。偶然かどうかわかりせんが、ロシアのプーチン大統領は先週、「世界中がドル独占状態の危険性を認識している」と発言し、各国は米ドルから離れて自国の経済主権を強化する必要性があるとの見解を伝えています。

 すでに中国では、上海先物取引所傘下の上海国際エネルギー取引所に人民元建ての原油先物が3月26日に上場しており、取引を開始しています。世界最大の原油輸入国となった中国は自国の原油需要動向を国際価格に反映させたいと考えているようですが、原油取引の大半がドル建てとなっている現状を変えたい狙いもあるとみられています。原油取引のドル決済を巡って中国、米国、欧州、OPECがどのような対応を見せるのか、今後の行動に注目です。

<MK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。