マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:米経済指標受けて続伸も

2018年5月15日 17:25

S&P500先物       2725.75(-5.25) (17:00現在)
ナスダック100先物  6956.00(-18.00) (17:00現在)

17時時点のグローベックス米株式先物市場でS&P500先物とナスダック100先物は小安く推移している。NYダウ先物は60ドル安程度で推移。欧州株式市場は総じて小高く推移している。米原油先物はほぼ横ばい推移となっている。こうした流れを受け、15日の米株式市場はやや売り先行で始まるとみられている。

14日の米株式市場はダウ30種平均で8営業日連騰となったが、後場には利益確定売りで上げ幅を急速に縮小する展開となった。こうした相場の流れが受け継がれ、その後のグローベックス米株式先物市場も軟化する動きを続け、日本時間の15日正午頃から下げ幅をやや広げた。中国で発表された1-4月の固定資産投資と4月の小売売上高の増加ペースが若干減速したことが嫌気された可能性がある。

本日15日から19日まで米中間で第2回目の通商協議が行われる予定のため、とりあえずの利益確定売りが出やすい環境にもある。ただ、本日は5つの米経済指標の発表が予定されており、このうち、4月の小売売上高では、寒波一巡後の米消費が米減税の効果と所得改善への期待で予想以上に力強い立ち直り基調にあることを確認できると予想している。このため、消費主導で米国経済が高めの巡航速度で持続的な成長軌道に乗る可能性が意識され始め、米中間の通商問題に対する警戒感も薄れることで、15日の米株式市場が予想外に続伸する展開がありそうだ。

<KK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。