マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】キャンバス—2018年6月期第3四半期は事業収益が前期比0.2%増の0.82億円

2018年5月16日 14:56

キャンバス<4575>は14日、2018年6月期第3四半期(17年7月-18年3月)決算を発表した。事業収益が前期比0.2%増の0.82億円となった一方、CBP501フェーズ1b試験に伴う開発費が増加し、営業損失が4.03億円、経常損失が4.06億円、四半期純損失が3.91億円となった。

同社の開発パイプライン中で最も先行している化合物CBP501は、免疫チェックポイント阻害抗体との併用による臨床試験(フェーズ1b試験)を実施している。

2つ目の候補化合物CBS9106は、米国 Stemline Therapeutics, Inc.に対して全世界(日本・中国・台湾・韓国を除く)における独占的権利を供与するライセンス契約を締結しており、これに伴い同社は、当第3四半期累計期間において、技術アドバイザリーフィー0.82億円を事業収益として計上している。

第3四半期累計期間の研究開発費は、主にCBP501フェーズ1b試験に伴う開発費支出増加により、前年同四半期比1.08億円増加の3.12億円となった。販売費及び一般管理費は、ほぼ横ばいで、研究開発費と合わせた事業費用は同1.14億円増加の4.85億円となった。
2018年6月期通期の業績予想については、事業収益が前期比0.1%増の1.10億円、営業損失が6.00億円、経常損失が6.00億円、当期純損失が6.01億円とする期首予想を据え置いている。

<MH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。