マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個人投資家のセンチメントは日経平均の底堅さほど良好ではない【クロージング】

2018年5月16日 16:19

16日の日経平均は続落。100.79円安の22717.23円(出来高概算16億2000万株)で取引を終えた。指数インパクトの大きいファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、京セラ<6971>、トレンド<4704>、東エレク<8035>がさえない値動きとなり、日経平均の重石となった。また、米朝首脳会談を来月に控えるなか、開催への不透明感も手掛けづらくさせた。狭いレンジでのこう着が続く中、後場半ばには一時22700円を下回る場面もみられた。

セクターでは医薬品、保険、証券、サービス、空運が小じっかり。半面、鉱業、倉庫運輸、情報通信、建設、非鉄金属が軟調。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1100を超えており、過半数を占めている。不安定な値動きが続いている新興市場は、マザーズ指数は25日線に上値を抑えられる格好で低迷し、JASDAQ平均は支持線として意識されていた25日線を割り込んできており、個人投資家のセンチメントは日経平均の底堅さほど良好ではない。

決算発表が一巡し業績を手掛かりとした見直し等が期待されるが、積極的な売買は依然として手控えられているようである。海外勢のフローも限られているとみられ、方向感も掴みづらい需給状況のようである。日経平均は緩やかながらもリバウンド基調が継続しており、売り込みづらいところではあるが、積極的には上値を追いづらいところであろう。北朝鮮の動向や国内政治リスクへの警戒、また、月末にはMSCIの定期入替えに伴うリバランスが控えている。また、MSCI新興市場指数などへの中国人民元建てA株組み入れが6月1日に迫っている。海外勢の資金流出への思惑等も警戒されやすいところである。(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。