マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ビューティ花壇—3Q各利益が黒字転換、生花祭壇事業は営業利益が64.7%増

2018年5月17日 13:34

ビューティ花壇<3041>は15日、2018年6月期第3四半期(17年7月-18年3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比2.9%減の42.56億円、営業利益が0.79億円(前年同期は0.07億円の損失)、経常利益が0.87億円(同0.21億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益が0.50億円(同0.35億円の損失)だった。

生花祭壇事業の売上高は、前年同期比3.7%増の25.40億円と、第3四半期累計期間としては過去最高となった。強みである機動力や顧客ニーズへの対応力を活かした各施策を実行し、一定の効果が顕在化した労務比率の改善に続き、仕入原価の更なるスリム化等にも取り組み、営業利益は同64.7%増の4.43億円となった。

生花卸売事業は、子会社のマイ・サクセスにおいて、これまで進めていた業務効率化に加え、同社グループとしての更なる競争力強化を図っており、奏功の兆しは見え始めたが、なお顕在化までには至らず、売上高は前年同期比4.1%減の11.70億円となった。前期に引き続き、従来の生花卸売事業(国内流通)と生花祭壇事業とのシナジー追求を図りながら抜本的な物流体系の改革へ向けた取り組みにも注力し、営業利益は0.24億円(前年同期は0.03億円の損失)となった。

ブライダル装花事業の売上高は、前期に発生した取引先の倒産の影響により、前年同期比26.5%減の2.52億円となった。子会社のOneFlowerでは、東京・関西・九州エリアにおける新規顧客獲得と商圏拡大、リテール部門での更なる売上増、及び販管費の圧縮・効率化策を実施したものの、取引先倒産の影響をカバーするには至らず、営業損失は0.06億円(前年同期は0.31億円の利益)となった。

2018年6月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比1.2%増の57.48億円、営業利益が1.42億円、経常利益が1.37億円、親会社株主に帰属する当期純利益が0.96億円とする期初計画を据え置いている。

<MW>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。