マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個人主体の中小型株物色へのシフトに期待【クロージング】

2018年5月17日 16:12

17日の日経平均は反発。121.14円高の22838.37円(出来高概算14億7000万株)で取引を終えた。米ハイテク株の上昇による波及効果や、前日の下げに対する自律反発も意識されるなか、底堅い相場展開となった。また、円相場は1ドル110円50銭台と円安に振れて推移していることも安心感につながった面はありそうだ。一方で、想定内とはいえ、米朝首脳会談を控えての北朝鮮の揺さぶり等が重石となるなか、積極的な売買は手控えられており、商いは膨らみづらく、インデックスに絡んだ売買による影響が大きいだろう。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1100を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは水産農林、石油石炭、ガラス土石、非鉄金属、保険、医薬品がしっかり。半面、鉱業、倉庫運輸、小売、空運、情報通信、電力ガスが小安い。指数インパクトの大きいところでは、ユニファミマ<8028>、エーザイ<4523>、第一三共<4568>、東エレク<8035>、京セラ<6971>がけん引。

日経平均は一時22800円を下回る場面もみられたが、大引け間際に上げ幅を広げるなど、インデックスに絡んだ商いが中心であった。チャート形状では5日線での攻防であり、緩やかなリバウンド基調は継続している。また、調整が続き懸念要因であったマザーズ指数は反発で25日線を突破したほか、JASDAQ平均も小幅に反発となった。マザーズ指数が明日以降もリバウンドをみせてくるようだと、相対的に出遅れているセクターや銘柄への見直し等も意識されてくる可能性があり、物色対象にも広がりが見られてくる展開が期待されてくる。

月末に向けてはMSCIの定期入替えに伴うリバランス、MSCI新興市場指数などへの中国人民元建てA株組み入れに伴う資金流出も意識されやすく、個人主体の物色に向かいたいところである。(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。