マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アイビーシー<3920>—子会社のiBeedがiChainに商号変更、保険ポートフォリオ管理アプリを提供開始

2018年5月18日 8:30

アイビーシー<3920>は17日、子会社でインシュアテック(保険×テクノロジー)のスタートアップであるiBeed(本社:東京都中央区)が、iChain(アイチェーン)に商号変更したことを発表。また5月18日より、加入している保険を一括で管理できる保険ポートフォリオ管理スマホアプリ「iChain保険ウォレット」をApp Store、Google Playにて無料配信すると発表した。

今回の商号変更では、ブロックチェーンのイメージを「Chain(チェーン)」というキーワードに託し、成長市場の中でiChainのサービスを利用するコンシューマーと保険事業者に対し「人と人を技術でつなげる」というコーポレート・メッセージを明確にしたという。

「iChain保険ウォレット」は、18歳~69歳の日本在住者の実に80%以上が生命保険に加入しているといわれる状況下で、国内保険事業者の保険商品に対応し、保険加入者の保険情報および保険証券イメージをスマートフォンで登録・閲覧できるようにした上で、当該情報を家族のスマートフォンに共有できるスマホアプリ。有事の際に、保険加入者やその家族が迷わず保険事業者へ連絡し、保険金や給付金の請求ができるようになるとしている。

今後、iChainでは、個人に対しては、これまで紙ベースで行われてきた加入保険の保険証書をスマートフォンで管理できるようにすることで、「もしも」のときに迷わずに保険金請求ができるような「世の中を少し便利にする」世界観を実現し、また保険事業者に対しては、ブロックチェーンベースの保険証券管理および保険金支払いプロセス管理のプラットフォームにより、保険事業者のメインフレームからWebを中心とした分散技術へのトランスフォーメーションを進めていくという。

アイビーシーもネットワークインフラの性能監視ツール分野におけるパイオニアであったが、iChainがターゲットとしているインシュアテックという分野は、日本ではまだほとんど先例がなく黎明期といえる状況にある。「iChain保険ウォレット」もiChainの先駆的な取り組みの第一歩であるだけに、今後の動向には要注目であろう。

<MW>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。