マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】城南進学研究社—4Qは売上高が拡大、教育事業、スポーツ事業がともに好調

2018年5月18日 10:05

城南進学研究社<4720>は15日、2018年3月期通期(2017年4月-2018年3月)連結決算を発表した。売上高が前期比1.4%増の70.24億円、営業利益が同9.3%減の3.04億円、経常利益が同12.5%減の3.52億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同26.5%減の1.41億円となった。

教育事業では、売上高が前期比1.3%増の66.96億円、セグメント利益が同10.2%減の2.00億円となった。予備校部門は、「英語の城南」をキーワードとした広告展開やカリキュラムの充実、教材の電子化を行った。さらに、箱根町教育委員会が開講する公営塾の運営を受託し、新学習指導要領において重視されるICTとアクティブラーニングに取り組んだ。留学試験対策専門校「LINGO L.L.C.」を運営する「株式会社リンゴ・エル・エル・シー」とともに、教材やカリキュラムの共同開発も行った。個別指導部門は、直営教室では、2017年3月期に不採算教室を整理統合したことにより、各教室の利益が改善した。映像授業部門は、映像授業専門教室「河合塾マナビス」を2月に1校新規開校し、既存校舎とともに、好調な売上高・生徒数を確保している。さらに、児童教育部門の乳幼児育脳教室「くぼたのうけん」は、3月に新規教室を開校し、会員を順調に増やしている。

スポーツ事業では、売上高が前期比3.9%増の3.27億円、セグメント利益は同7.6%減の1.03億円となった。子会社「株式会社久ケ原スポーツクラブ」は、従来の久ケ原スイミングクラブは定員に迫る会員を確保しつつ、学童保育事業の開始やWEB学習システムの導入など、事業拡大を図っている。

2019年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比0.9%減の69.61億円、営業損失が3.93億円、経常損失が3.61億円、親会社株主に帰属する当期純損失が3.70億円としている。今後も成長が見込まれる映像授業事業、個別指導事業、英語教育事業、児童教育事業などに積極的に投資を行い、今後の業績向上への布石を打っていく方針。

<MW>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。