マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

史上最低金利 住宅ローン借り換えでどれだけ得するか?

2018年5月24日 15:00

「ローンの借り換えには各銀行の審査と登記変更に加え、事務手数料が数十万円単位でかかります。課税証明書など用意する公的書類も多く、煩雑なため、そこで諦めてしまう人も少なくない。しかし、今はこれらの作業を代行してくれる業者も出てきました」(清川さん)

 その業者こそが「ローン借り換え完全代行業者」である。業界最大手の株式会社『MFS』取締役の塩澤崇さんが解説する。

「弊社の借り換え代行サービス『モゲチェック・プラザ』は銀行選びからローン商品提案、実際の書類作成まで全て代行します。現在のローン状況からどの商品に借り換えればいくら返済額を減らせるか、という『返済プランの策定』は無料です。

 そこから借り換えを選択されたお客様には、銀行選び、申し込み作業まで代行します。住民票や課税証明書などの公的証明書の取得も、委任状をいただきスタッフが取りに行くので、一切の手間を取らせません。借り換え後、さらに金利の安い商品が出た場合はそれをお知らせするなどのアフターケアも万全。お客様は何もしなくてOKです。さらなる借り換え時が来たら、私たちがお知らせしますので」

 同社の料金体系は成功報酬型で、借り換えメリット額の10%(下限25万円、上限50万円)となっている。

※女性セブン2018年5月31日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。