マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:米中貿易交渉にらみで基本的に上値重い

2018年5月18日 17:32

S&P500先物       2722.25(+3.50) (17:00現在)
ナスダック100先物  6919.25(+13.50) (17:00現在)

17時時点のグローベックス米株式先物市場でS&P500先物とナスダック100先物は小高く推移している。NYダウ先物は30ドル高程度で推移。欧州株式市場は小安い推移となっている。米原油先物は小高く推移している。こうした流れを受け、18日の米株式市場はやや買い先行で始まるとみられる。

前日の米株式市場では、トランプ米大統領が貿易交渉で「中国が非常に甘やかされてきた」と発言したと伝わったことが、米中貿易交渉への懸念を強めさせ、小幅安で終わる要因となった。しかし、取引終了後、中国側が年2000億ドルの対米貿易黒字削減案を提示したと報じられたため(その後、中国外務省は否定)、グローベックス米株式先物市場は高くなっているようだ。

17日の時間外取引で5-7月期の業績見通しが慎重と受け取られ、半導体製造装置大手アプライド・マテリアルズが売られたが、現時点でナスダック100先物は小高く推移しており、ハイテク株への影響は限定的なものに止まるとみられる。ただ、米中貿易交渉が本日終わるまで、進展があったのか否かは明確にならないため、投資家は基本的に様子見の姿勢となる可能性が高い。米経済指標の発表も予定されておらず、手掛かり材料不足の中で、18日の米株式市場は基本的に上値の重い展開になると予想される。

<KK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。