マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:メルセデス車のリコール頻発、現地生産モデルで8割占める

2015年12月28日 11:00

独高級車メルセデス・ベンツ車に関して、中国でのリコール(回収・無償修理)が頻発している。国家質量監督検験検疫総局(質検総局)の統計によると、今年だけでも12回を数え、各自動車ブランドの中で最多だった。しかもリコール対象車は、中国産モデルに集中。メルセデスが進める“中国現地化戦略”が品質低下につながったのではないか——との声が一部消費者や業界関係者の間で聞かれている。証券日報が25日付で伝えた。  メルセデスの中国法人が今年に入って自主回収を行った自動車は、合計で17万3632台(回収台数を通知しなかった11月2日発表のリコールを除く)。そのうち、中国現地生産車は、実に8割を占めた。  中国現地生産化に乗り出すに当たり、メルセデスを含む多くの海外自動車メーカーが「生産場所が変わるのみで、品質に変化はない」と強調してきた。しかし業界関係者は、「足もとの状況でみれば、“中国産化”推進過程での品質低下は認めざるを得ない」と指摘する。  同関係者によれば、外資合弁自動車メーカーが中国国内で行う品質管理は、本拠地を含む海外でのそれと一定の開きがある。コスト圧縮の圧力にさらされるなか、中国産車の部品は、その多くが現地調達されてきた。しかし相対的に廉価な中国産部品は、品質面で劣るのが現状。実際、中国で調達された自動車部品は、海外産に比べて不具合発生率が高いという。  頻発するリコールは、メルセデス車の中国販売にも影響を及ぼしているようだ。今年リコールが相次いだメルセデスの主力車種「Eクラス」は、直近3カ月の平均月間販売台数がそれぞれ4979台、4147台、5234台に低迷。競合するアウディ「A6L」、BMW「5シリーズ」を下回って推移した。販売台数がBMW「5シリーズ」の3分の1にとどまった月もある。今年累計販売でみても、「Eクラス」は足元で5万4200台と、「A6L」(13万6300台)、「5シリーズ」(13万6300台)に大きく水をあけられた。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。