マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:米欧間の対立継続でドル上げ渋りも

2018年6月11日 8:24

8日のドル・円相場は、東京市場では109円85銭から109円35銭まで反落。欧米市場でドルは一時109円20銭まで下げたが、109円60銭まで反発し、109円47銭で取引を終えた。

本日11日のドル・円は、主に109円台半ば近辺で推移か。トランプ米大統領は主要7か国(G7)首脳会議(サミット)の共同コミュニケを承認しないよう米代表団に指示しており、米国と欧州、カナダは通商問題を巡って対立していることから、リスク選好的なドル買い・円売りはやや抑制される展開となりそうだ。

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、12日にシンガポールで史上初となる米朝首脳会談を行う。北朝鮮の非核化が会談の主要テーマになるとみられている。トランプ大統領は記者団に対して「金正恩委員長が真剣かどうかは最初の1分以内に分かる」との見方を伝えたようだが、首脳会談が無事終了し、朝鮮半島の非核化への進展が期待された場合、朝鮮戦争終結に向けた動きが出てくる可能性もあることから、リスク要因の後退で円売り優勢の展開となる可能性がある。

また、12-13日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、3月以来の追加利上げが決定される見通し。追加利上げは織り込み済みだが、今回公表されるFOMCの経済予測で金利見通しが上方修正された場合、日米金利差拡大を想定したドル買い・円売りが活発となりそうだ。金利見通しが据え置かれても、利上げ継続の方針が示された場合、リスク選好的なドル買い・円売りが大幅に縮小する可能性は低いとみられる。

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。