マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】日本企業、中国ECビジネス参入で「大きな壁」に立ち向かう

2015年12月30日 8:20

統計によると、今年11月11日(ダブル・イレブン)ネットバーゲンの日、EC(電子商取引)最大手アリババ・グループの売上高は910億元(約1兆8200億円)となり、日本のEC大手楽天が日本国内での10カ月の販売額に相当するという。

また、この日のレーディス・ファッション売上高1位に輝いたのは日本のユニクロであり、紙おむつ部門では花王が2位に浮上したとも報告された。

ただ、中国メディアは、こうした成功を収めている企業が一握りだと指摘した。中国の商業慣習が日本企業のECビジネスへの参入を阻害していると分析。中国では、スーパーマーケットに商品を陳列してもらうには「入場費(場所代)」を払う必要があり、この入場費は少なくとも数百万円が必要となる。アリババ傘下の「T-MALL(天猫)」なども入場費を徴収しているため、中小企業にとって大きな出費になるという。

また、中国ECモールの出店数が多いため、広告などを出さなければ、数百万店舗の中で埋もれてしまうと指摘された。なお、アリババ傘下のネットショップ数は約700万軒、大手企業が集まるT-MALLでも5万社以上あると報告されている。そのため、日本企業が中国ECサイトで知名度を上げるにはグループで開業するのは効果的だと分析されている。

なお、中国の小売全体に占めるネット販売の割合は全国で約11%と報告されている。沿海地域では30%になるとみられている。

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。