マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【仮想通貨コラム】LINE、ビットフライヤーなど3社と「サイバー防災訓練」を実施し、ネット上における防災意識を啓発【フィスコ・仮想通貨コラム】

2018年6月11日 16:07

スマホ向けメッセンジャーアプリを運営するLINE<3938>は、警視庁の協力のもと、仮想通貨交換業やブロックチェーン開発事業を手がける3社(ビットフライヤー、アマゾンジャパン、ヤフー<4689>)と共同で、インターネット上における防災意識を啓発する「サイバー防災訓練」を実施することを8日付で発表した。同社は民間主導でセキュリティ意識を喚起することで、一般のサイバーセキュリティ意識の向上を目指すとしている。

訓練のテーマは「フィッシング詐欺」とし、企業やサービスを装った電子メールを送り、利用者本人から個人情報を詐取するフィッシング詐欺に対する意識啓発を図るという。開催期間は6月8日から6月22日の2週間。「サイバー防災訓練」公式ホームページでは、フィッシング詐欺の手口を見抜けるかに挑戦する「体験型ムービー」や危機管理能力をチェックする「フィッシング詐欺検定試験」などのコンテンツを通し、フィッシング詐欺の手口や身を守る方法等を学ぶことができるようだ。

なお、同発表に際し、LINEは今年5月下旬にインターネット上で行った「サイバーセキュリティリテラシー実態調査」において、LINEを装ったサイトをフィッシング詐欺だと認識した人が非常に低い割合であったことを明かしている。

サイバー空間でのビジネスが伸びる一方で、今年1月に発生したコインチェック事件など、サイバー犯罪は増えている。フィッシング対策協議会が今年5月に発表したフィッシング報告状況によると、5月のフィッシング報告件数は2701件と、4月と比較して804件増加している。Apple、LINEのほか、仮想通貨関連サービスのフィッシング報告が多いという。企業がセキュリティ対策を行うだけでなく、消費者一人ひとりがセキュリティ意識を持ち、自身で身を守ることが必要になるだろう。

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。