マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】フリービット—18/4期は40.1%の営業増益。「SiLK VISION 2020」の達成に向けて事業を推進

2018年6月12日 11:13

フリービット<3843>は8日、2018年4月期連結決算を発表した。売上高が前期比9.7%増の386.53億円、営業利益が同40.1%増の18.51億円、経常利益が同76.6%増の14.26億円、親会社株主に帰属する当期純損失が5.67億円(前期は1.50億円の損失)となった。

継続成長事業の1つであるモバイル事業は、「働き方改革」を見据えた新サービスの投入やIoT関連ニーズの高まりを受けてモバイル市場全体の拡大が続き、同社グループが事業を展開するMVNO・MVNE市場においても、引き続き市場規模が拡大した。同社がMVNEとして提供するMVNO支援パッケージサービス「freebit MVNO Pack」においても提供先企業数が増加した。また、MVNOであるDTIではユーザーニーズを機敏に捉えた新プランの投入や販促キャンペーンを講じることで「DTI SIM」の他社との差別化を図った。同じくMVNOとして格安スマートフォンサービスを提供するトーンモバイルでは、自社ユーザー層に合わせたキャンペーンの実施や独自サービスの強化を図るなど、更なるユーザー数拡大に尽力した。

もう1つの継続成長事業であるアドテクノロジー事業では、DSP広告サービス等の拡販や動画広告市場向けのサービス展開に注力した。また、アフィリエイトサービス「afb」の更なる利便性の向上に取り組み、事業規模が拡大した。新分野である生活領域の各事業については今後の同社グループ発展の一翼を担うものとするべくその育成に注力し、“Health Tech”分野、“IoT”分野、“不動産Tech”分野において、同社グループの事業リソースを最大限に活かす形で推し進めてきた。スマートフォン端末の旧機種の商品評価損及び持分法による投資損失を計上したが、売上高、営業利益及び経常利益が前期を上回った。なお、医療情報基盤のビジネスモデル転換に伴う事業撤退引当金繰入額の計上に加え、フルスピードが減損損失を計上したことで、純損失となった。

2019年4月期通期については、売上高が前期比16.4%増の450.00億円、営業利益が同35.0%増の25.00億円、経常利益が同64.8%増の23.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が2.50億円を見込んでいる。

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。