マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【相場概況】日経平均は続伸、一時23000円台回復もイベント見極めムード

2018年6月12日 16:07

日経平均は続伸。本日開催の米朝首脳会談に向けて、為替市場では事前に会談実現への期待から1ドル=110円台前半まで円安が進んだ。本日の日経平均はこれを好感して173円高からスタートすると、朝方には一時23011.57円(前日比207.53円高)まで上昇した。ただ、短期的な達成感から利益確定の売りが出たほか、米朝会談や連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑も強く、日経平均は前場にマイナスへ転じる場面も度々見られた。後場は小高い水準でのもみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前日比74.31円高の22878.35円となった。東証1部の売買高は12億3809万株、売買代金は2兆3089億円だった。業種別では、陸運業、石油・石炭製品、食料品が上昇率上位だった。一方、海運業、保険業、輸送用機器が下落率上位だった。

個別では、ファーストリテ<9983>、JT<2914>、武田薬<4502>などが堅調で、任天堂<7974>やソフトバンクG<9984>は小高い。日本電産<6594>は3%高。リクルートHD<6098>、JR東<9020>、キリンHD<2503>といった内需・ディフェンシブ関連株の一角も上げが目立った。また、ヨシムラフード<2884>などに加え、一部証券会社の高レーティング継続が観測されたLINE<3938>、5月売上高が好感されたMRO<3064>も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、トヨタ自<7203>、ソニー
<6758>、東エレク<8035>などがさえない。半導体株は米国市場の流れを引き継いで下落し、SUMCO<3436>や信越化<4063>は2%超安となった。弱気な見通しが嫌気されたローム<6963>、新作ゲームへの期待が後退したスクエニHD<9684>も下げが目立った。また、決算発表のシーズHD<4924>が東証1部下落率トップとなった。

<HK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。