マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米朝首脳会談の合意内容を見極め、海外株高が追い風にも【クロージング】

2018年6月12日 15:49

12日の日経平均は続伸。74.31円高の22878.35円(出来高概算12億3000万株)で取引を終えた。米朝首脳会談を通じて朝鮮半島情勢が安定するとの期待から、買い先行で始まると、寄り付き直後には23011.57円と節目の23000円を回復する局面もみられた。ただ、その後は合意内容等を見極めたいとの模様眺めムードが強まり、こう着感の強い相場展開が続いた。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1100を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは陸運、石油石炭、食料品、サービス、小売、水産農林が上昇。半面、海運、保険、輸送用機器、機械、鉄鋼、金属製品が小安い。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、テルモ<4543>、リクルートHD<6098>がけん引。一方で、信越化<4063>、TDK<6762>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>が重石となった。

インデックスに絡んだ売買が中心だが、ややディフェンシブ寄りに映る。米朝首脳会談の合意内容を見極めたいとのムードもあり、やや慎重姿勢もあったとみられる。トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は合意文書に署名し、トランプ氏はホワイトハウスに招待する考えを示した。合意内容を見極める必要はあるが、リスクオンの流れが強まり、景気敏感セクターへの物色が強まる可能性がありそうだ。今晩の海外市場が好反応を見せてくるようだと、日本株市場への追い風になるため、まずは海外市場の好反応に期待したいところ。(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。