マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】インデックス中心だが出遅れ感の強い中小型株の一角に見直し買い【クロージング】

2018年6月13日 15:48

13日の日経平均は3日続伸。88.03円高の22966.38円(出来高概算11億9000万株)で取引を終えた。米朝首脳会談で、両国首脳が共同声明に署名したことが一定の評価を受ける格好だが、一方で非核化の具体策は盛り込まず、不透明感がくすぶる状況の中、こう着感の強い相場展開となった。また、FOMC結果を見極めたいとの模様眺めムードも高まりやすい状況でもあった。ただ、利上げは織り込み済みであるほか、今後の利上げ回数についても中立要因となる中、通過後のアク抜けを意識した押し目買い意欲の強さも窺えた。円相場が1ドル110円50銭台と円安に振れて推移していることも、安心感につながった。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1200を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは海運、不動産、サービス、その他金融、電力ガス、空運、輸送用機器がしっかり。半面、その他製品、鉱業、金属製品、非鉄金属、石油石炭が軟調。指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG<9984>、テルモ<4543>、リクルートHD<6098>、ファナック<6954>がけん引。

日経平均は23000円を手前に、こう着感の強い相場展開となった。FOMCの結果を見極めたいほか、ECB理事会の行方も気掛かりといったところだろう。機関投資家は積極的には動いておらず、薄商いの中、先物主導のインデックス売買が中心であり、指数インパクトの大きいところをみても、ディフェンシブ系のほか、足元で低迷していた銘柄の上昇であり、リバランスの域を脱していない。ただ、リスクオンの状況の中、先高観は高まっているだろう。低迷していた中小型株などの一角も見直す動きがみられており、JASDAQ平均、マザーズ指数いずれも目先の抵抗線を突破してきている。シグナルが好転するにはもう一段の上昇を見極める必要があろうが、経済イベント通過後の上昇を意識したスタンスになりそうだ。日経平均は23000円処での攻防が意識されるなか、出遅れ感の強い中小型株の一角に、短期筋の値幅取り狙いの資金が向かいやすい。(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。