マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ベネ・ワン Research Memo(1):HR Techで「働き方改革」から「経営改革」まで後押し

2018年6月13日 15:00

■要約

ベネフィット・ワン<2412>は、ITシステムの刷新や組織の再編など自らがデジタルトランスフォーメーションを進化させるだけでなく、HR Techを提供することで顧客企業の働き方改革と経営改革を後押しする。日本経済は生産年齢人口の減少と労働時間の短縮により、1人当たりの生産性を1.5倍に向上させる必要に迫られている。長時間労働を前提とした“昭和的”なホワイトカラーの低生産性に、働き方改革のメスが入っている。IoT、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボット(ソフトウェアロボットを含む)が引き起こす第4次産業革命が、企業を取り巻く環境に破壊的創造をもたらす。

1. 同一労働同一賃金により非正規2,000万人と中小企業向け需要が立ち上がる
同一労働同一賃金には、給与だけでなく福利厚生が含まれることから、2019年度に非正規労働者向けの需要が顕在化する。一部企業では、前倒しで進めている。同社が提供する福利厚生サービスに加入する非正規労働者は36万人。既存会員企業が抱える未加入非正規労働者は142万人いる。加えて、未開拓マーケットは1,933万人となる。2018年4月時点の福利厚生会員475万人の4.4倍の潜在市場となる。さらに非正規労働者に福利厚生が提供されれば、中小企業の正規社員向け福利厚生需要が拡大するトリガーとなることが見込まれる。

2. コーポレートガバナンス強化が、脱・小口精算を活性化
日本のキャッシュレス化率は20%と米国の46%、中国の60%に比べ低い。日本政府は、2020年までに2倍の40%へ引き上げることを目指している。小口・出張費・接待交際費の精算に関し、社員が現金で建て替えるのは日本固有の慣習であり、事務手続きが煩雑で時間を要する上、カラ出張やカラ接待などの不正を生む温床と成りかねない。同社のBTM(Business Travel Management)サービスなどの精算代行システムを利用すれば、経費の見える化・キャッシュレス化によるコーポレートガバナンスの強化と業務の省力化ができる。大手金融機関が2018年10月より利用を開始する。今後、市場の活性化が本格化する。

3. 株式分割、増配、自社株消却、東証1部への指定替え申請
2018年3月期は、株式分割(1株につき2株の割合)を行った。1株当たり配当金が年28.5円と分割修正後で前期比4.5円の増配となった。2019年3月期は、38.0円の連続増配を計画している。2018年5月に発行済み株式数の約10%に相当する自己株式の消却を行った。また、今期中を目標に東証2部から東証1部への指定替え申請を予定する。企業価値向上に資することが期待される。

■Key Points
・「同一労働同一賃金」で非正規2,000万人超が潜在顧客に
・脱・小口精算は、大手金融機関のサービス導入により市場活性本格化
・株式分割、増配、自己株式の消却、東証一部への指定替え申請

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。