マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米中貿易摩擦警戒も直近の上昇に対する利食いの範囲内【クロージング】

2018年6月14日 16:17

14日の日経平均は4日ぶり反落。227.77円安の22738.61円(出来高概算14億9000万株)で取引を終えた。米株安の流れを受けて利食い優勢で始まった日経平均は、寄り付き直後に22800円を下回ったが、前場半ばには22898.39円まで下げ渋る動きをみせた。後場に入っても下げ渋る動きをみせていたが、米政権が15日にも中国製品に追加関税を発動する可能性があるとの米報道に関連して、米中貿易摩擦への警戒感が強まると、為替市場では円が強含む格好となり、再び下げ幅を広げる展開。中国などアジア株の弱い値動き等も嫌気され、結局本日の安値で取引を終えた。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1300を超えており、全体の6割を超えている。セクターでは海運、水産農林、石油石炭、銀行が小じっかりだった半面、パルプ紙、その他製品、ガラス土石、鉱業、電気機器の弱さが目立った。指数インパクトの大きいところでは、ユニファミマ<8028>、東エレク<8035>、エーザイ<4523>、ファーストリテ<9983>、信越化<4063>、ファナック<6954>が重石となった。

日経平均は先物主導によるインデックス売りによって下げ幅を広げる格好となった。米中貿易摩擦への警戒を背景に円が強含んだことが、短期筋の売り仕掛け的な動きにつながったようである。また、ECB理事会を見極めたいとする様子見ムードのなかで、仕掛けられた格好。ただ、日経平均は25日線を上回っており、直近の上昇に対する利食いの範囲内にも映る。日経平均の引けにかけての弱い動きによって、中小型株の利食いに押される格好となったが、マザーズ指数も25日線処での踏ん張りをみせており、こちらも直近のリバウンドの範囲内だろう。米中貿易摩擦は警戒されるものの、リスクオンの状況は継続しており、外部要因に振らされにくい銘柄等へは押し目買いの動きは続きそうである。(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
2019年の為替相場を予想する上で注目したい5つの点
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。