マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:小売売上高改善で反発期待

2018年6月14日 17:35

S&P500先物       2776.75(-2.25) (17:00現在)
ナスダック100先物  7218.00(-13.00) (17:00現在)

17時時点のグローベックス米株式先物市場でS&P500先物とナスダック100先物は小安く推移している。NYダウ先物は30ドル安程度で推移。欧州株式市場は安く推移している。米原油先物はほぼ横ばい推移となっている。こうした流れを受け、14日の米株式市場はやや売り先行で始まるとみられる。

13日の相場を振り返ると、トランプ米政権が15日にも中国製品に対する追加関税を発動するという報道で同日午後に相場が一時的に下げた後、前日比プラスまで戻した。そこへ、米連邦公開市場委員会(FOMC)が追加利上げの実施を発表、年内の想定利上げ回数が市場予想コンセンサスの1回を上回る2回に増える可能性が示唆されたため、同日の相場は再び下落し、安くなって大引けを迎えた。貿易摩擦問題については、市場にとって大きな懸念材料であることに間違いはないが、中国政府は交渉による解決を優先する姿勢を明確にしており、トランプ米大統領も強硬姿勢で相手国の譲歩を最大限に引き出しつつ、自らを優位な立場に持っていこうとする交渉戦術であることが市場で十分に認識されている。このため、貿易摩擦問題については、投資家の間で過剰な反応を抑え、事態の推移を見守ろうとする姿勢がみられるようになりつつあり、本日の米株式市場で大きな影響が残るリスクは限定的とみられる。

本日発表される5月小売売上高で米国経済の4番バッターである個人消費が改善基調を強めていることが確認される可能性は高い。これを機に、米国経済の先行きに楽観的な見方を強め始めた投資家が押し目買いに動き、ハイテク株や金融株をリード役に、14日の米株式市場は反発に転じると予想される。

<KK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。