マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】オープンドア Research Memo(7):中長期ではグローバル市場でユーザー選択肢のNo.1サイトを目指す

2018年7月9日 15:07

■中長期の成長戦略

2020年の東京オリンピック開催に向けて、旅行のオンライン市場、インバウンド市場は成長が続く見通しである。これを受けて、オープンドア<3926>では、既に成長期にある「トラベルコ」のシェア拡大、国内事業のシェア拡大に最優先に取り組む。次いで、インバウンド事業を推進し、Travelko、GALLERY JAPANの収益増加を図る。そして、海外においても最安値をアピールし、価格競争力を強めることで、中期的には売上高100億を目指し、その後にはグローバル市場でユーザー選択肢のNo.1サイトを目指す。

■株主還元策
内部留保の充実を優先し、業績拡大による株価の上昇で株主に報いる
同社は、株主に対する利益還元を経営上の重要施策であると認識しているが、高い成長を持続することにより株主に報いることも重要な経営課題と考えている。このため、同社はこれまで成長につながる内部留保を優先し、配当を行っていない。将来的には、各期の業績、財務体質を勘案しつつ利益還元を検討していく方針とのことである。当面は業績拡大を図り、1株当たり利益を増大させ、株価を上昇させることが、株主還元の基本方針と考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

<NB>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。