マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】CBOEがビットコインETFをSECに申請【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年7月9日 16:59

ビットコイン先物を扱っている米デリバティブ取引所大手のシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、米証券取引委員会(SEC)に対し、ビットコインETFの申請書を提出したことが明らかになった。

6月26日付の申請書によると、同提案ではヴァネック・ソリッドXパートナーズ・ビットコイン・トラスト社が発行する「ソリッド・ビットコイン・シェア」のシェアが取引対象となり、1 シェアあたり25 BTCとなるという。計画通りに進めば、CBOEはビットコインETFの提供を2019年の第1四半期から開始する。

米国ではこれまで数社がビットコインETFの上場を試みたが、いずれも米証券取引委員会(SEC)が申請を却下しており、ビットコインETFは実現していない。しかしSECは6月、ビットコインとイーサリアムについて、連邦証券法上の有価証券に該当しないとの見解を示し、法的位置づけが整理されつつあることから、今後は慎重な姿勢を崩していくことが期待されている。

またSECは、CBOEによる提案によって、再びビットコインETFに関する意見聴衆を行っており、前向きな検討が行われる可能性がでてきた。

ビットコインETFの上場が実現すれば、これまで取引が専門の取引所に限定されていたビットコインが証券取引所で取引されるようになり、投資対象としてアクセスしやすくなる。また、金融商品としての信頼性が向上することで、機関投資家の資金が流入し、市場の成熟化につながることが期待されている。引き続き、米国のビットコインETFに関する情報に注視したい。

<MT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。