マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】まずは節目の22000円を固める【クロージング】

2018年7月9日 16:13

9日の日経平均は続伸。264.04円高の22052.18円(出来高概算12億2000万株)で取引を終えた。終値で22000円を回復するのは6月末以来、6営業日ぶりとなった。米国政府は7月6日に予定通り、中国からの340億ドルに相当する輸入に対して追加関税を発動。一先ずアク抜けが意識されるなか、先週末にみられた短期筋のショートカバーの動きが優勢となった。また、上海市場の上昇も安心感につながるなか、日経平均は前場半ばに22000円を回復すると、後場は一時22100円に乗せる局面もみられた。

ただし、インデックスに絡んだ売買による影響は大きく、東証1部の出来高は12億株台にとどまっている。指数インパクトの大きいところでは、エーザイ<4523>、ソフトバンクG<9984>、TDK<6762>、東エレク<8035>、太陽誘電<6976>の5銘柄で日経平均を約128円程度押し上げている。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1600を超えており、全体の7割強を占めている。セクターでは、その他金融、金属製品、医薬品が2%を超える上昇となり、一方で、繊維、水産農林が小幅に下げている。

日経平均は2営業日で500円超上昇しており、自律反発としては達成感も意識されてくるだろう。そのため、まずは節目の22000円を固め、次のターゲットとして意識される25日線辺りを目指す展開が意識されてこよう。また、日経平均が22000円を固めてくるようだと、需給悪化が警戒されている中小型株についても、次第に自律反発狙いの買いの動きが強まってくる可能性があるだろう。とはいえ、出来高は12億株台と低水準であり、積極的な資金流入には見極めが必要である。日経平均が再び弱含みとなるようだと、中小型株からの短期筋の資金流出も加速するリスクがあるため、フットワークが要求されてくるだろう。また、決算発表も増えてくるが、決算に対してはより神経質になりそうだ。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。