マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】当局がビットコインを叩くだろう=ノーベル経済学者【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年7月10日 16:10

ノーベル経済学賞を受賞した経済学者のジョセフ・E・スティグリッツ氏が、ビットコインに対して批判的な見解を示したことが、9日付の経済専門紙ファイナンシャル・ニューズの報道によって明らかになった。

同氏はビットコインが、匿名性の高さによって犯罪の温床になることについて懸念を持っているという。「透明性のある銀行システムを築こうとしているなかで、匿名性を特徴とする決済手段を許容することはできない」と伝えた。現在、規制がないのはビットコインの市場規模は小さいからだとして、「影響力が大きくなったら当局がハンマーで叩くだろう」と語った。

仮想通貨を巡っては、5月に米紙ニューヨーク・タイムズが、米金融大手ゴールドマン・サックスが仮想通貨のトレーディングデスクの設置に向けて準備を進めていることを報じた。米大手情報会社トムソン・ロイターは4月、同社の顧客である約400以上の金融機関のうち、20%が1年以内に仮想通貨取引の開始を検討していると回答したとする調査結果を発表しており、今後、金融機関による仮想通貨業界への参入が拡がるとみられている。

6月には、米ベンチャーキャピタル(VC)のアンドレッセン・ホロヴィッツが、総額3億ドル規模の仮想通貨ファンドの設立を発表したほか、米デリバティブ取引所大手のシカゴ・オプション取引所(CBOE)がビットコインのETF商品の提供について米証券取引委員会(SEC)に申請した。仮想通貨に関する金融商品のラインナップを拡げる動きがあり、仮想通貨市場の活性化につながることが期待されている。

今月21~22日に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、仮想通貨に関する具体的な規制案が協議されるとみられており、どのような方向へ舵か切られるかが注目されている。

<MT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントで投資? サービスの詳細を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。