マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】リキッド、33億円調達−ネット上で本人確認が完結できるサービスの提供へ−【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年7月10日 15:22

決済・生体認証サービスを提供するリキッドは、大和証券グループ本社<8601>、東京海上ホールディングス<8766>の東京海上日動火災保険、農林中央金庫、SBIホールディングス<8473>のSBI AI & Blockchain投資事業有限責任組合などを引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施したことを6日付けで発表した。日経新聞の報道によれば、総額33億円を調達し、その資金は人材確保や開発体制の強化に充てるようだ。

リキッドは、画像解析技術と機械学習を利用したビックデータ解析技術により、高速処理を可能にした認証アルゴリズムを開発するスタートアップ企業だ。世界で初めて生体認証のみでの本人認証・決済サービスの商用化に成功している。

今般、犯罪収益移転防止法施行規則の改正により、「本人確認書類(顔写真付き)の画像の送信を受けるとともに、顧客の顔画像の送信を受ける方法」が導入され、オンラインで本人確認を完結することが可能になる見込みとなっている。これを受け、同社はこれまで開発してきた画像解析技術・機械学習・顔認証技術を使い、ネット上で本人確認が完結できるサービスを提供することを予定しているという。

同社は先月、2018年度内を目標に長崎県のテーマパークであるハウステンボスと独自デジタル通貨「テンボスコイン」を共同開発し、ハウステンボスの「キャッシュレステーマパーク」化を目指すことを発表している。この独自通貨の発行により、ブロックチェーン技術を活用した勘定管理や店舗における「テンボスコイン」決済などが可能となる予定だとしている。

<HH>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。