マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】短期筋の反動を狙ったスタンスに【クロージング】

2018年7月11日 16:23

11日の日経平均は反落。264.68円安の21932.21円(出来高概算13億6000万株)で取引を終えた。トランプ米大統領は新たに中国製品2000億ドル(約22兆2000億円)相当の関税対象リストを公表する準備を行っているとの報道を受けて、売り先行の相場展開となった。中国市場の下落を先取する格好から下げ幅を広げており、前場半ばには一時21744.25円まで下げ幅を広げる局面もみられた。ただ、その後はこう着感の強い相場展開の中で下げ渋る動きとなり、日経平均は5日線レベルでの攻防が続いた。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターではゴム製品、海運、繊維、機械、非鉄金属、サービス、その他金融が軟調。半面、原油相場の上昇と業界再編機運の高まりを背景に、石油石炭、鉱業の2セクターが上昇。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、エーザイ<4523>、リクルートHD<6098>、ダイキン<6367>が重石。一方でソフトバンクG<9984>、昭和シェル<5002>、資生堂<4911>が下支えとなった。

朝方のトランプ米大統領の報道が神経質な相場展開につながったが、新しい材料ではなく、6日の最初の関税発動で短期筋の買い戻しが強まり、この買い戻しが一巡した格好であろう。直近のリバウンドから日経平均は25日線を捉えており、貿易摩擦への懸念が完全に払しょくされていない状況下においては、こういった報道等を受けた資金の流れに振らされやすい状況が続くことになろう。

一方で大きくロングに傾いていない状況でもあり、下を売り込む流れにもなり難い面もある。短期筋の仕掛け的な動きがあったとしても、その反動も速いとみておきたい。個別単位で仕掛け的な動きがあったとしても、その翌日には反動がみられるといった、荒い値動きになりそうだ。次第に決算発表が増えてくることになろうが、決算を背景とした急激な値動きに対しては、短期筋の反動を狙ったスタンスに。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。