マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ビットコインニュース】中国人を対象にした仮想通貨取引とICOを「つぶす」=中国人民銀行副総裁【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年7月11日 19:19

中国人民銀行(中央銀行)の副総裁である潘功勝氏が9日、インターネット金融リスク対応に関するワーキンググループで、中国の投資家を対象にした仮想通貨取引やICO(仮想通貨技術を利用した資金調達)の国外のプラットフォームを取り締まる方針であると語ったことが、同国の経済メディアである第一財経(Yicai)の報道によって明らかになった。

中国は、2017年9月に国内の仮想通貨取引所の閉鎖とICOの全面的な禁止を発表した。しかし潘氏は、多くのプロジェクトが国外に移転し、中国市場とアクセス可能な状況があることを指摘。「既存の法的枠組みで認められていない新たな金融商品や現象が明るみに出ることがあれば、私達がつぶす」と語ったという。

取り締りの詳細については明かされていないものの、これに呼応する動きとして、同国の対話アプリ「 微信 (ウィーチャット)」が、自社のプラットフォームを使った仮想通貨取引を抑制する取り組みを強化した。9日に、アプリ内の決済手段である「ウィーチャット・ペイメント」が仮想通貨購入に利用できないよう徹底管理を強化すること、また、個人のアカウントに保持できる金額に上限を設けて「日常生活において十分な金額」とし、多額な仮想通貨の売買に利用できないようにすることを発表した。

中国人民銀行は6日、ビットコイン取引における人民元建て取引のシェアは、規制の導入を受けて、ピーク時の90%から1%未満まで減ったことを報告している。

<SI>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。